NHKが紹介した調理法をもっとラクにするアレ…【物欲シリーズ】

キッチンに調理器具が並んでいる画像テック
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

おいしいステーキを食べたいけど難しい

みなさん!当たり前ですけど「美味しいステーキ」食べたいですよね?
食べたくないですか?
食べたいですよね?

できれば,高級レストランではなく,自宅で!!

実は先日,NHKでステーキを作っている番組を見つけてしまいました…
なんと,高級レストラン並みのステーキを自宅で作れるようにする方法というもの…

いやぁ〜気になるのでちょっと調べてブログを書いてみました!

NHKで放送していたのは…

先日のNHKでステーキを家庭でもレストラン並みに美味しく作るという内容の番組を放送していました。

ちなみにこれが番組と同じ内容のレシピサイトです。肉汁たっぷり【赤身肉ステーキ】の焼き方

このレシピサイトでは「鍋一杯に入った水を60〜65度まで加熱する」としていますが,65度は良いものの,実際問題,温度管理は難しい面が残りますよね…

では実際問題,温度管理はどうなる?

低温調理器のススメ

実際問題として,ガスコンロやHIコンロを使っている家庭があるとはいえ,水温を65度でキープし続けなければならない,ということであれば結構大変なモノです。
そこでお勧めしたいのが低温調理器という近代化学製品の賜物です。

驚くべきことに低温調理器はフランスの本格レストランでも用いられている

映画『二つ星の料理人』ではミシュランの三ツ星レストランを目指す主人公のレストランでは時短のために低温調理器が使われる描写があります。
もしこれが現実だったら,恐るべき低温料理器…ということになりますね(笑)

6/11公開『二ツ星の料理人』予告編

ちなみにこの「低温料理器」は私が好きなメンタリストDaiGoさんも使っています。

メンタリストDaiGoさんが低音料理器を使っている動画を探してみましたが見つかりませんでした…
私が見た動画内では,効率と完璧さを追い求め,多くの調理器具の一つに低温調理器があるものでした…
ちなみにDaiGoさんの動画内で確認できた低温調理器がこちら

温度管理が楽すぎる

  • 製品としては5000円から30000円までピンキリとしてあります

私がオススメするのは…

私がオススメする低温調理機はboniqという製品です。
なぜ私がboniqをオススメするかというと…

  • 複数のモデルがある
  • 日本製である
  • 安くないだけのことはある

BONIQでも特にオススメなのは

BONIQには2種類の低温調理器があります。

まず安い方は…

BONIQ

こちらのBoniqの特徴は3つあります。

  • 税込み2万2千円で買える
  • クラウドファンディングでめちゃくちゃお金を集めて、国内に低温調理器を普及させた第一製品と言っても過言ではありません。
  • 税込み22,000円は高いと思われます。一応安めのモデル14,800円のもの7,999円のものを載せておきます。
    もちろんこちらで十分という方はこちらを購入した方がいいと思います。
    時々,トレジャーファクトリーなどの中古取扱店でキッチン用品のところで見かけたりします。

BONIQ Pro

  • 3万円と高額ですが、旧製品よりも圧倒的に利便性が向上されています。
  • 旧製品も購入できるが2万円を超えるため,個人的には新作を購入した方が良さそう

自分がAmazonの低温調理器検索で見かけた中で一番高い部類になりますw
ですが,クラウドファンディングサイトのmakuakeでもかなりの額を集めました。その成果もあってBONIQをアップデートしてBONIQ Proになったんですね。

こちらがBONIQの公式サイトになります。

アップデートされた点については

進化したポイント
・ハイパワー(1200W)
・防水仕様(IPX7)
・小型化(約36%サイズダウン)
・高剛性(フルアルミボディ)
・装着性(脱着式クリップホルダー)
Makuake|自宅で誰でも簡単にプロレベルの料理! 進化版低温調理器BONIQ Pro|マクアケ – クラウドファンディング
という感じです。
見た目も旧BONIQに比べてよりシンプルに,細く,重さも軽くなっているのにパワーは以前のモデルよりも向上されているんですよね…企業努力ってこういうことなんだなぁと…

高すぎるよ…と思った方…

正直に言えば「低温調理器」自体は他の中国メーカーであったり、AnovaというメンタリストDaiGoさん御用達の高めな低温調理器も買うことができます。

しかし、

  • 低温調理器を使いこなすためのレシピ
  • 日本メーカーだからこその安心保証
  • 万が一の時も日本語対応

この3つの安心感は価格以上に大きいと思います…

まとめ

ステーキを美味しく作るには…

  • 温度は65度で10分
  • 焼くのではなく茹でる
  • 温度管理が難しいのでオススメは低温調理器
  • 低温調理器でオススメは国産メーカーのBONIQの製品

って感じでした〜
人間は愚かなもので欲だけはどうしても止まらないんですよね…
とりあえず私の物欲を後悔だけしておきますw
もしあなたが低温調理器を知らなかったら,美味しいステーキを逃してしまうわけですよね…
投資として考えてとりあえず購入してみて美味しいステーキを食べてみたいもんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました